X線CT三次元測定で現物をデジタル化

三次元測定X線CT三次元測定

X線CT三次元測定で実物の形状をアナログからデジタルに

 

物体をさまざまな方向からX線CTでスキャニングしてスキャンデータから物体の内部構造の形状を得ることができます。

 

X線が物質に入射すると、さまざまな原因により吸収されながら通過していきます。CTスキャン装置は、X線の吸収される性質を利用して、物体をしらべることができます。

 

検査対象を試料テーブルの上に置き、X線を照射しながらテーブルを回転させ360度分の透視形状データを採取。

 

X 線CT システムによる非接触・非破壊内部形状データ取得

材料や製品を切断するなどの前処理なしで可能。

 

 

CT可能な材質・・プラスチック、セラミックス、マグネシュウム

        アルミニウム、スチール

 

スキャン範囲・・プラスチック、ゴム、樹脂類 250㎜×250㎜

スキャン範囲・・アルミニウム等軽金属  φ120㎜以下

スキャン範囲・・鋳造品,鋳鉄,スチール φ10㎜~20㎜以下

スキャン精度・・・20μm (0.02)

     現物           X線CTスキャニング

     

 

   点群データ ⇒ ポリゴンデータ ⇒CADモデリング

      

 

 

1、現物をCTスキャニングにて、外形状、中形状のデータ採取

2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

4、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

5、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

 

密封された内側、外側の形状、透明なワークなどのリバースエンジニアリングご利用ください。