計測とは、 種々の器械を使って、長さ、重さなどをはかることをいいます。 

三次元測定3D計測

現物形状 3次元測定 CAD化 リバースモデル作成

 

 計測とは

 ●日本工業規格(JIS(ジス))の「計測用語」によれば、計測とは「なんらかの目的をもって、

  事物を量的にとらえるための方法、手段を考究し、実施し、その結果を用いることになっています。

 ●測定する方法、測定機器操作、測定値データ処理などの工程を総括して計測といいます。

 ●工業の生産過程で、生産に関係して行う計測を、工業計測と定義されています。

 ●一般には、計測、計量、測定、など同義に扱われています。

 

 三次元測定

 ●立体的なものをデータ化するために行います。

 ●複雑形状の自由曲面部品の計測には、ならい測定機能で曲面形状をスキャニングします。

 ●計測データをCADデータと比較、評価することができます。

 ●リバースエンジニアリングのソフトウェアにより計測データから3D-CADモデリングが可能です。

 

 リバースエンジニアリングでの三次元測定

 ●光学式非接触三次元測定機でワーク全体を計測します。

 ●X方向、Y方向、Z方向、各方向の立体計測データを採集、点群処理、ポリゴン面作成。

 ●ポリゴンメッシュから、3D-CADモデリング等でリバースエンジニアリングデータを作成します。

 ●リバースエンジニアリング技術は、設計、意匠、試作、金型、解析などモノづくりに利用できます。

    <前のページに戻る>