測定とは、 ある量の大きさを、装置・器械を用いてある単位を基準として直接はかることをいいます。。 

三次元測定3D測定

現物形状 3次元測定 CAD化 リバースモデル作成

 

 測定とは

 ●物など、同じ種類の量の約束された一定量を単位の何倍であるかを数量で表すこといいます。

 ●長さ単位の目盛で、物の長さを計る対象の量と、同種の量で直接計ることを直接測定といいます。

 ●直接計れない体積等は、各部の長さを計り計算によって求めます、これを間接測定いいます。

 ●測定方法は、比較測定、遠隔測定、零位法、偏位法、置換法、合致法、補償法、差動法等。  

 

 三次元測定(3D測定)

 ● 三次元測定は、縦、横、高さを同時測定します。

 ●測定物のことを、一般的にワークと呼びます。

 ●被測定物の座標系をワーク座標系と呼びます。

 ●ワーク座標系では、ワークによって座標が決まります。

 

 三次元測定とリバースエンジニアリング

 ●光学式非接触三次元測定機でワーク全体を計測します。

 ●X方向、Y方向、Z方向、各方向の立体計測データを採集、点群処理、ポリゴン面作成。

 ●ポリゴンメッシュから、3D-CADモデリング等でリバースエンジニアリングデータを作成します。

 ●リバースエンジニアリング技術は、設計、意匠、試作、金型、解析などモノづくりに利用できます。

     <前のページに戻る>