プローブ|3次元測定,現物をデジタル化

三次元測定測定

プローブの連続スキャンで実物の形状をアナログからデジタルに

 

 

 

 プローブとは

 ■接触式3次元測定機の指針の先端部分のことを言います。

 ■製品を傷つけないように先端は丸く研磨した人工宝石が付いています。

 ■最小の径はR0.35のため 直角部分は最小R0.35角が丸くなります。

  CADモデリングで直角部分を修正します。

 

 接触式は、プローブを測定物に接触させて基 準となる点から測りたい点の

 X、Y、Z座標の 位置確認によって測定を行います。

 

 

                            <前のページに戻る>