光の電磁波の波長の長さの違いによって、いろいろな色を感じます。

三次元測定測定

人間の目に見える光の波長は赤(R=Red)、緑(G=Green)、紫(B=BlueViolet)

3次元測定でアナログをデジタル化 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

波 長

電磁波や音波などの波動の山と山または、谷と谷の距離位相の同じ2個の点の距離。

波の山と山の間の距離、周波数(Hz、ヘルツ)は波が1秒間に振動する回数、振動数。

1秒間に1,000 回振動する波は1キロヘルツ(KHz) 。波長の長い波は周波数が低く、波長の短い波は周波数が高い。

可視光波長、波長がる長短関係なく人間の目には見ることができなくなる。

可視光波長、可視光線より短い波長を紫外線。長い波長を赤外線と呼びます。

光の波長、プリズムに太陽の光を通すと、光の波長ごとの屈折率の違いにより虹のように色が分解します。

光の波長、紫より波長の短い光は紫外線で目には見えません。赤紫より波長の長い光は赤外線で目に見えない。

光の波長、通常は様々な波長の可視光が混ざり光は白く見えます。

 

 原色といわれる 青、緑、赤の幅が非常に広く、中間を示す青緑や黄色の部分はかなり狭くなっています。

 <前のページに戻る>