寸法公差は、ある寸法値に対して、いくら許容するかであり、幾何公差は形状・姿勢・位置及び振れに関する公差である。

三次元測定測定

公差には、一般公差、寸法公差、幾何公差などがあります。、

3次元測定、公差 50μ 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

公 差

公差は、機械工学に代表される工学において許容される差のこと。

一般公差は、通常と同じようにごく普通に平均的に使用されていることを指し一般公差以外は±に表示する。

寸法公差は、一般公差より精密な加工をしてほしい時には寸法のとなりに±○という形で記述します。

●寸法公差は、設計意図の表現と、加工意図の表現では精度検査寸法表記の違いがあります。

幾何公差は、形状・姿勢・位置及び振れに関する公差である。

●寸法公差は、点、線、軸線、面、中心面の単独の、又は相互関係の幾何偏差の形状、姿勢、位置、振れの許容値。

 

機械加工において,部品図に表示された基準寸法と全く同じ寸法で加工を行うことは不可能ため、部品図に何の表示もない場合,通常は基準寸法を中心としてプラス側とマイナス側に同じだけの寸法公差にします。

 <前のページに戻る>