デジタイジングの進化|倣い方式⇒多機能型マシン⇒デジタイジング専用機⇒非接触式デジタイジング(光学式、レーザー式)

三次元測定測定

倣い型などの昔の型をデジタイジングでCAD化します。

3次元デジタイジングでアナログをデジタル化 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

デジタイジング

金型の精度に伴い、トータル加工システムが分類頻度になる中で倣いとNCを加工データで関連付けるデジタイジング機能

 と切削機能併せ持った、計測機内臓の多機能型マシンとして1980年代に多く使用されていた。

 

2000年代になるとデジタイジング専用機が開発されました。弊社では2000年に英国のレニショ製を導入

 従来のデジタイジングは倣い式で先端付くスタイラスの径も大きく細かい形状の取得は不向きでしたが、

 レニショ製のデジタイジングマシンはスタイラスの先端の細くなり、また取得したデータから加工パスや

 CADソフトウェアと連携してポリゴン面、サーフェス面などのデジタル編集ができるようになりました。

 

2005年に弊社が導入した光学式デジタジングシステム

 ①中央部のプロジェクタよりストライプパターンを投影、その歪みをツインCCDカメラで撮影し、3次元データを取得

 ②1回の測定精度は、10ミクロン以下のデータを出力。

 ③500万画素の高解像度ツインカメラを搭載。高密度データを効率的に取得できます。

  

  

 <前のページに戻る>