数量などを計る計測について

三次元測定測定

用 語 集

3次元測定でアナログをデジタル化 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

計測

計測は、計測機器などを用いて数量などを計ることをいいます。

測定との違いは、測定行為そのものだけではなく機器の性能手段、精度、誤差を考慮して総合的に測定を行うことをいいます。

3次元計測においては、測定する物に応じて、接触式、非接触式など機器の選択をします。

3次元計測データの処理方法はデータの使用目的に応じて、専用ソフトウェアー等でデータの処理を包括的に行います。

 

  

 

 <前のページに戻る>