CCDについて

三次元測定測定

CCDは受光部としてホトダイオードが配置されています。

CCDの3Dカメラでアナログをデジタル化 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

CCD

CCDとは固体撮像素子を意味するCharge Coupled Deviceの頭文字をとった呼び名です。ビデオカメラ、デジタルカメラなどに使用されている半導体素子であります。カメラ本体の前面についている結像レンズから、光が入り、CCDチップの表面で像を結びます。CCDチップは、従来のカメラで言うフィルムにあたる部分です。

CCDチップはシリコンでできており、画素の数だけ電極が貼り付けてあります。シリコンは光が当たると電子をはき出す性質があり、はき出された電子を電極で捕まえることで画像が表示します。最小の単位要素画素の数は、印刷物なら、印刷機が刷り込むインク一点がこれに当たります。

CCDチップ シリコンから電子が出る 電極が電子を捕まえる 画像となって表示される

 CCDチップ        CCD半導体

 
 

<前のページに戻る>