光学式測定について

三次元測定測定

光の格子パターンを投影、得られた画像をコンピュータで演算処理を行います。

光学式測定でアナログをデジタル化 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

光学式3D測定

光学式3D測定は、の格子パターンを 投影し、CCDカメラ得られた画像をコンピュータへ読み込んで演算処理を行い3D形状のデータを収集する測定機です。

ハロゲン光源を発光して、フリンジをワーク上に照射し走査(出力)を繰り返します。物体の3次元形状を取り込んでXYZ3次元データを作成します。測定のポイントデータからポリゴン面作成、ポリゴン面からCADデータを作成。サーフェスデータ及びソリッドデータで出力できます

光学式3D測定の原理     高精度・高解像度CCDカメラ
 

<前のページに戻る>