金型のデータがない場合、製品形状をスキャンして三次元のCADモデルを作成します。

三次元測定測定

実物形状から金型設計用デ-タ作成の工程

 

 非既製品の3D-CAD化

 昔作成した製品の型製作において、図面や作成データ、仕様などがない場合、

 既製品から3D-CADデータ作成できます。既製品の解析、金型用データ作成等

 リバースエンジニアリングの活用が有効になります。三次元計測には対象物の

 形状や状態により測定方法と機種を選択します。

   

 光学式三次元測定

 対象物の形状や大きさなどの要因で1回で三次元測定が困難なワークに対して

 分割測定を行います。ワークに貼られたリファレンスポイントを、コンピュータで

 特徴点を認識して、エリアの重なり合う部分を共通リファレンスポイントで正確

 な3次元形状データを生成します。寸法精度0.05(50μ)前後になります。

   

 接触式三次元測定

 反射形リニヤエンコーダ、アナログスキャニングブローブ(測定子)が、ワークの

 表面を接触しながらデータを採取します。接触圧は0.2Nから1.0Nペットボトルの

 柔らかまで対応します。寸法精度0.05(50μ)前後になります。 

 

 

 

 X線CTスキャン

 物体をさまざまな方向からX線で撮影し再構成処理を行ないます、物体内部の

 構造を得ることができます。X線が物質に入射すると、吸収されながら通過して

 いきます。X線の吸収される性質を利用して、物体の内外の3次元形状データを

 採取します。採取したデータを点群に変換しCADモデリングにてCAD化します。

   

 デ-タ出力

 ■ソリッドモデル Parasolid形式  X_B  X_T 

 ■サーフェスモデル IGES形式

 ■その他  STEP(stp)  ASC(asc) etc.