工業モデル、試作モデル等の形状データを取得しCAD化、データサービス会社のアポロです。

三次元測定測定

データ収集の内容

 

 モックアップ

 実物とほぼ同様に似せて作られた原寸模型、実物大の模型をいいます。

 モックアップアプリを直に触ることで、 実現しようとしていることを直感的に理解し

 より確実に製品開発のために効果があります。モックアップモデルをデジタル化

 することで、コンピュータ上で3次元表現でき、干渉のチェック、シミュレーションな

 どを行うことができます。

   

 三次元測定で対象物の形状データ取得

 <光学式三次元測定機>

 測定物の立体視に必要な3角測量の原理データを、2個のCCDカメラで測定

 3次元の形状データを得ることができます。寸法精度50μ前後になります。

 <接触式三次元測定機>

 探針のブローブが対処物に接触しながら連続移動して3次元形状データ取得。

 従来の倣い加工のデジタル化です。寸法精度50μ前後になります。

 <X線CTスキャン>

 非接触・非破壊内部形状データ取得。対象物を切断すること無く、密封された

 内部の3次元形状データを取得できます。寸法精度20μ前後になります。

 

 データ取得のプロセス

 1、対象物の現物を三次元測定機にて座標点のポイントデータを採集。

 2、取得した点群データのノイズを最小化して点群データの最適化を実行。

 3、点群からポリゴン最適化作業を行い欠落部のない3次元ポリゴン面作成。

 4、ポリゴン面にNURBS曲面がデザイン可能な様々曲線を作成。

 5、CADシステムと連携作業が可能なサーフェス、ソリッドモデルを生成します。

 

 デ-タ出力

 ■ソリッドモデル Parasolid形式  X_B  X_T 

 ■サーフェスモデル IGES形式

 ■その他  STEP(stp)  ASC(asc) etc.