製品図面がない場合、製品からCADデータの方法について

三次元測定測定

物から設計のリバースエンジニアリングのプロセス

 

 リバースエンジニアリング(Reverse engineering)

 CAD設計では作成が難しい奇妙な変化が織り込まれ自由形状の製品設計や

 設計図や仕様書など必要十分な情報を得ることが不可能な場合の型製作など

 にリバースエンジニアリング技術が活用されています。

   

 三次元測定で対象物の形状データ取得

 <光学式三次元測定機>

 測定物の立体視に必要な3角測量の原理データを、2個のCCDカメラで測定

 3次元の形状データを得ることができます。寸法精度50μ前後になります。

 <接触式三次元測定機>

 探針のブローブが対処物に接触しながら連続移動して3次元形状データ取得。

 従来の倣い加工のデジタル化です。寸法精度50μ前後になります。

 <X線CTスキャン>

 非接触・非破壊内部形状データ取得。対象物を切断すること無く、密封された

 内部の3次元形状データを取得できます。寸法精度20μ前後になります。

 

 3D-CAD化

 三次元測定データから特徴形状を抽出して、サーフェス、ソリットのモデリング。

 三次元測定データから抽出した断面線を利用して、サーフェスやソリッドを作成。

 自由曲曲面形状を含んでいる複雑な形状のデザインモデルなどに適しています。

 

 

 デ-タ出力

 ■ソリッドモデル Parasolid形式  X_B  X_T 

 ■サーフェスモデル IGES形式

 ■その他  STEP(stp)  ASC(asc) etc.