製品解析用形状データを作成

三次元測定測定

解析用の形状データ作成

製品解析のリバースエンジニアリング(Reverse engineering)

製品や部品をデジタル化して製品の構造や内容の分析調査用データ。

工業製品をリバースエンジニアリングすることによって使用されている技術を

 分析、調査確認することは、現場での製品開発において欠かせないプロセスの

 一つとなっています。新製品と設計との誤差等の検証ができます。

   

解析対象物の三次元測定

対処物の状態と解析の内容により測定方法を選択します。

光学式測定 一番多く利用されています。対象物が動かない限りあらゆる物の

 測定が可能です。寸法精度 50μ前後になります。

X線CTスキャン 製品や部品の中形状の採取が出来ます。形状が入り込んだ

 精密部品などのデータ取得。寸法精度 20μまで可能です。

   

データ取得のプロセス

1、対象物の現物を三次元測定。

2、取得した点群データのノイズを最小化して点群データの最適化を実行。

3、点群からポリゴン最適化作業を行い欠落部のない3次元ポリゴン面作成。

4、ポリゴン面にNURBS曲面がデザイン可能な様々曲線を作成。

5、CADシステムと連携作業が可能なサーフェス、ソリッドモデルを生成します。

 

デ-タ出力

ソリッドモデル Parasolid形式  X_B  X_T 

サーフェスモデル IGES形式

その他  STEP(stp)  ASC(asc) etc.